令和3年度新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)地盤改良工事(第4次)【国土交通省】(令和3年度)

本工事は、関門・新門司・苅田の各航路における浚渫土砂(海底を掘り上げた土砂)の処分先として
国が北九州空港沖に整備している「新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)」において、処分場の外側を囲む「護岸」
の基礎を築造するための工事です。海底を深さ約10m・長さ約60mに渡り掘削し、置換材(ズリ石)を
約20,000m3投入し軟弱地盤の改良を行いました。

令和3年度新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)ブロック製作工事 【国土交通省】(令和3年度)

本工事は、令和3年度新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)ブロック製作工事の
海の大波を和らげる、消波ブロックを製作する工事です。
・消波工 テトラネオ 12t型 844個