山手町藤木1号線道路改良工事(3-1) 【北九州市】(令和3年度)

本工事は、山手町藤木1号線において高塔山に新設する道路の法面箇所を
グラウンドアンカー工法にて安定させる工事です。
・掘削工-9000m3 ・アンカー工-81本 ・排水工-80m
・植生基材吹付工-760m2 ・種子散布工-180m2

石原町地内雨水(その3)管渠築造工事〔北九州市〕(令和元年度)

北九州市上下水道局発注による、小倉南区石原町(小倉鉄工団地地内)において浸水対策として
ボックスカルバート(1,100×1,100mm)の掘削・据付・埋戻作業(264,02m)を施工するものである。

恒見朽網線(貫川)橋梁下部工工事(30-11)〔北九州市〕(平成30年度)

都市計画6号線整備事業のうち、小倉南区大字曽根新田において
貫川橋の橋台工事を施工しました。

工事名「中間堰改築工事1~7期」 【清水建設(株)】

遠賀川流域では、度重なる洪水が発生しており、抜本的な対策として、河川の断面積を拡げて洪水を安全に川の中で流すことが目的です。 
当社は・土工事全般及び護床・護岸保護工を行いました。
土砂の掘削・運搬は約13万m3 間地ブロック・大型ブロック・張りコンクリート等
工期はH23.1からH31.3  8年と長い現場でした。

工事名「北九州市東中島ポンプ場雨水滞水池建設工事(その2)」 【下水道事業団】 梅林・池間JV (H30年度)

1期工事で雨水滞水池を建設し、2期工事でポンプ棟から滞水池に繋ぐ流入渠と滞水池から排水する圧送管の布設工事を行った。

牧山川雨水幹線(その5)管渠築造工事(北九州市)【平成28年度】

枝光地区の浸水対策として、新たに雨水幹線を築造しました。
・Φ2200mm泥水式推進工法 L=129.84m S字曲線(R60m・R37m)
・ボックスカルバート3500mm×1900mm L=82.75m(通常据付・台車工法)
・特殊マンホール2基(内径Φ6300mm、Φ3700mm)

平成30年度 工事名「曽根豊岡緑地基盤整備工事(29-1)」

根豊岡公園事業(多目的グランドの整備と、恵まれた自然環境)の一環として、
土工事一式BOXカルバート(□800・600)L=368m 植生シートA=3936m²を施工しました。

桜町北湊雨水貯留管築造工事(北九州市)【平成26年度】

浸水対策の軽減と響灘の水質保全を図るため、発進立坑(安瀬)~到達立坑(桜町)までの区間を内径3.40mの管渠を泥水式シールド工法で築造しました。

中貫一丁目地内雨水(その1)管渠築造工事 (北九州市)【平成28年度】

ゲリラ豪雨等で浸水被害が発生したため、水路を大きくして排水路線を貫川に直接放流できるルートに変更しました。

戸畑枝光線(牧山枝光間)軟弱地盤改良工事(28-7)(平成28年度)

「戸畑と枝光を結ぶ都市計画道路 戸畑枝光線の建設にあたり、延長73.5mの路体盛土の築造と、延長200mの軟弱地盤をスラリー攪拌混合処理工法(WILL工法)にて改良しました。